離婚調停や離婚裁判でも通用する浮気の証拠って?

配偶者が浮気をしていることが原因で離婚を考えているのであれば、まずしておきたいのが、浮気の証拠を集めることです。離婚というのは、双方が同意をしなければ成立するものではありません。

そのため、離婚を切り出しても夫婦間の話し合いだけでは離婚成立とならず、離婚調停に進むことは珍しくありません。

夫婦間の話し合いの場合、証拠がなくても相手が浮気をしていたことを認めれば、そこから離婚に向けての話し合いをすることが可能です。

ただ、証拠がなければ相手が浮気を認めない可能性もあるので、話し合いで離婚を成立させたい場合にも、証拠は用意しておいた方が良いでしょう。

離婚調停に進んだ場合、浮気をしていたという確実な証拠がなければ、浮気を原因に離婚の話し合いを進めていくことができなくなります。

この時に重要になってくるのが、継続して不貞行為が行われていたことを証明することができる証拠です。浮気相手と食事に行った、ドライブに行っていた程度の証拠では、浮気とは認められません。

継続して不貞行為が行われていた証拠として有効なものが、浮気相手と一緒にホテルや入る現場を撮影した写真などです。

ホテルに入り、出て来る写真は勿論、滞在時間なども証明できると、離婚調停でも通用する証拠となります。

ただ、配偶者が浮気をしていることに気づいていても、こうした決定的瞬間を撮影するということは簡単ではありません。

そのため、配偶者の浮気が原因で離婚をしたいのであれば、探偵に浮気調査を依頼しておくことがおすすめです。探偵は調査のプロであるだけでなく、浮気現場を撮影するために有効な器材もしっかりと揃えています。

そのため、素人では難しい浮気の証拠集めも、探偵にしっかりと行って貰うことができます。

浮気の証拠を調停や裁判に提出する前に

浮気の証拠を調停や裁判に提出する前に、最終確認をしてください。

探偵が作成した調査報告書はちゃんと時系列ごとにまとめられているか。

証拠の写真は、パートナーと浮気相手の顔がハッキリと写っているか。

違法な手段を使って浮気の証拠を取得していないか。

探偵に浮気調査を依頼した後、そして裁判所に浮気の証拠を提出する時にこれらの事を確認して、何か足りない物がないかも確かめてください。

せっかく集めた証拠が調停や裁判で否認されてしまったら、これまでの苦労が水の泡です。

浮気の証拠として調査報告書を提出するなら、探偵が作成する調査報告書の出来栄えにも注意しておきましょう。